• facebook
  • twitter
  • rss
ミッション:運動足袋を復活させよ!

ミッション:運動足袋を復活させよ!

マックとかけて駿足と解く、その心は?

全国をナチュラルランニングツアーなどで回る中、裸足の話しをしていると年配の人達には必ずと言っていい程、昔は運動足袋か裸足だったもんなぁと言われます。運動足袋は破れやすいのがネックだったみたいですが。

実は今、日本のメーカー何社かが子供達の靴をなんとかせねばとそういったシューズ(ソックスを含む)を再び復活させようとしています。まだ完成していないので詳細は出せませんが、開発協力という形で依頼を何社かから受けています。

子供達の体に異変が起きていると言われ、開発が進むキッズシューズ。皆さんもご存知のアキレスの駿足はどこの小学校に行ってもぶっちぎりの一番人気。発売開始以来11年でなんと5000万足も売れています。

(参考までに、BORN TO RUNの影響で世界的に大ヒットしたと言われるビブラムファイブフィンガーズ。その足数は最大で年間250万足と言われています。しかもそこまで売れたのはその1年だけ。100万足売れれば大ヒットと言われる中、如何に桁違いかが分かるかと思います。)

まさに高機能シューズの最先端。クッションがついているだけでなく、コーナリングでまわり易くするように左右非対称になっています。

当然物に頼れば頼る程、本人自身の機能は落ちるわけで、次に出て来たのは足育シューズ。土踏まずなどを盛り上げてアーチを作るという。。。

土踏まずは無理矢理作るものではなく、成長していく中で自然に形成されていくもの。(ここでまた遺伝が云々とか言って足を引っ張るのはやめてくださいね。全体的な話しをしているので)

どうしても歳とともに機能が衰え、使えなくなってしまった体の機能を物で補うというのが本来の物の使い方だと思うのですが、発達するはずの体の機能を、発達する前に物で補ったらどうなるかぐらいは分かるのではないでしょうか?

ここでデータは?って言って来る人いますが、こんな事までデータが必要なぐらい人々の思考能力が落ちてしまったのでしょうか?

勘違いしないで欲しいのですが、駿足が悪いって言っているわけではないんです。駿足が一番人気っていうのが気になってしょうがないんです。子供の時からこうやってすぐに物に頼る癖をつけていたら、大人になったらどうなるんでしょうか。

これこそ密かに人気!程度だったら、まあ色々と面白い物が出て来るなぁと思うだけなのですが、あまりにも履いている子が多すぎてビックリします。因に先週行った裸足教育を行っている学校の子供達でさえ7割以上は保持しているとの事でした。

ただ、自分も子供の時にちょうどナイキが売られ始めていて、ナイキが欲しい欲しいって泣いてせがんでいたのを覚えています。

子供達を育成するという意味ではマーケットの自由もあると思いますが、ある程度制限をしていかないといけないのではと思う今日この頃です。特に無邪気な子供達を見ていると強く思います。

そもそもアルコールやたばこやパチンコは年齢制限を設けていますよね? 発育段階の子供達に悪いものは与えないっていう発想はあるわけで。。。そして子供達の足の発育と裸足が大きく関係しているのはデータでもあるわけだし、これは流石に分かる人はまだ半数以上はいるわけで。

とはいってもそんなシューズに年齢制限するのが現実的ではない事ぐらい分かってはいます。 なので、子供達が求めている機能と、見た目のかっこよさ。この見た目をどうカバーしていくのかが子供達に入って行くためのキーになるのかなぁと。やっぱり見た目って大事なんですよね。

そういえば、昔は子供の頃ってシューズとか指定されていませんでしたっけ??あーもう昔すぎて覚えていません。

自由だから何でも売れればいい! 大人ならいいかもですが、子供にはやめませんか?

それでは今日もブログランキングに参加していますので応援宜しくお願いします。下のマラソンアイコンをポチットクリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply