• facebook
  • twitter
  • rss

裸足ランニング&マーケティング

自分の口から、マーケティングという言葉が出て来る事自体なんか違和感を感じています。w というか、このキーワードをこのブログで入れた事自体初めてかも? 苦手なキーワード”マーケティング”

裸足ランニング、最近は認知は大夫されて来ていると感じています。裸足が無理って言う人にはビブラムなんかも広めているのですが、ビブラムは特に認知度が広まっていると感じる今日この頃。

そもそもテニスをずっとやっていたし、ランニングだって特にそこまでトレーニングしているわけでもなく、ランナーという意味では一般ランナー以下。そんな一人の一般人が、ある研究をした事がきっかけで、色々と身体の構造を知ってしまい、研究の仕組みを知ってしまい、世の中の仕組みを知ってしまい。。。そして実際にやってみたら本当に色んな事に気づかされ。。。身体って面白い!ってなり。。。

ちょっと考える余裕があれば誰でも理解出来ると思っていた裸足ランニング。そんなに難しい事を言っているわけでもないし。簡単に言えば、身体を保護する物は、自分の身体の中にある。だから自分の持っている機能をちゃんと使いましょう。ただそれだけ。”走り方”を教えたくてやっているわけではなく、身体の事をちゃんと知ってもらいたくてやっています。物に頼る前にまずはやれる事をやってみて、それでも足りない所を物で補って欲しいなぁと。思っている程必要じゃない物がいっぱい日本には溢れ返りすぎて、感覚が麻痺してきているのを凄く感じているから、そういう事に気づいて欲しいなと。誤解しないで欲しいのはファッションとかであれば自分は何も問題ないと思っています。それはお金があるからこそ出来る贅沢で、ファッション自体が身体に悪影響を及ぼすわけではないから。なので、物の機能と見た目の話をよくごっちゃにされるので、そこは分けて考えて頂きたい。

で、最近特によく言われるのが、

本当に広め方が下手!もっとこうすればいいのに!とか、ああすればいいのに! と。

これは自分の知り合いだけでなく裸足ランやビブラムの事を良く思ってくれている人からもよく言われます。

認知度の割に広まっていない。良さが正しく伝わってい。 伝え方が下手。

うーん、そういわれてしまったら。。。更には、

吉野さんがやっているから広まらないんじゃないの?

ぐらいな。そこまで言われたら。。。

こういう事を自分は皆さんが思っている以上に色んなところで言われています。。。w

まあいわゆるマーケティングという観点では物事を一切見ていないのでタジタジです。w  返す言葉も見つからない。言われてみれば、自分の場合どう広めるかって殆ど考えていなくて、どっちかと言えば、とにかく広めたい!知ってもらいたい!その気持ちだけでここまでやってきた所がある。世の中がどうであろうと、自分はこう思いますが、どう思いますか?的な。敵を作るとか作らないとかそんな事も関係無く。周りとも強調せず。これは個人的な性格もあるんでしょうね。昔っから協調性がないっていうのは言われ続けていましたからね。爆)

ただ、だったら、いいと思っている人が、その人のやり方で広めてくれればいい!って。裸足ランニングなんて、こうじゃなきゃダメってわけじゃないし。あくまで自分は多くの一般ランナーより裸足で走った経験が長いし、元々シューズをずっと履いて来たからこそ順応する大変さを分かっているので、その経験を上手く伝えられたらとも思うし、世の中の仕組みも知ってもらいたいと思う。本当ただそれだけ。

自分は裸足で走る事に対して、そんなに凄くいい走りをしているなんて思っていません。ただ、多くの一般ランナーよりは“マシ”って思っているだけです。喧嘩売っているつもりもありません。 走るという事をスキルとして考えたらそうなるだけです。

それから、もう一つ。日本では物が溢れ返りすぎて、感覚が麻痺しすぎてこういった事が分からなくなってしまっている、もしくは難しすぎるという段階まで来ているのかもしれないんだろうなぁと思います。だからこそマーケティング的な発想が必要になってくるのかもなぁと。

こういった事を踏まえ、何をどう言われても変わらない自分がここにいるんだなぁと改めて実感。

それ、エゴだよ!

って。うううん。 そうなの?wそんな理由から最近はマーケティングという言葉が”苦手”→”受け付けない”に変わって来そうです。 汗 これが今の現段階の自分の考えです。でも明日になったら考え変わっているかも? マーケティングと裸足ランニング!

というわけで、こんなにマイペースな裸足ランニングブログを今日も応援宜しくお願いします。下のマラソンアイコンをポチッとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply