• facebook
  • twitter
  • rss
ベアフットシューズの定義って?

ベアフットシューズの定義って?

よく、‟このシューズはベアフットシューズですか?”的な質問をよくされますが、これ本当に返答に困ります。何故ならベアフットシューズの明確な定義はないからです。ベアフットシューズ=裸足感覚シューズ。 なに、その裸足感覚って? どこまでが裸足感覚でどこまでが裸足感覚じゃないか? そんな線引きは現在されていません。結局のところメーカーやショップでは言ったもん勝ち的な感じになっていると思います。その証拠に、トップ画像にも載せたこのシューズ

627690108m[1]

これも裸足感覚シューズというカテゴリーに入れられています。

皆さんが大好きなマラソンなどのエントリーサイトのrunnet。そこにははっきりと裸足感覚シューズというカテゴリーがあり、???ってなるようなシューズも結構入ってしまっています。リンクはこちら

別にrunnetが悪いわけではなく、これは売る側の感覚的なものなんだと思います。売る側からすると他の一般的なシューズに比べれば比較的軽くて薄くて柔らかいっていう。

恐らく自分のブログをいつも見てくれている人なら、せめて踵とつま先の高低差がないドロップ0というのを一つの基準にしたら?って思いそうですが、そうすると一番クッション性の高くて分厚いドロップ0のシューズも裸足感覚シューズとなってしまう。まあ、ドロップ0、ソールの厚みが10mm以下っていうような基準を作るのもありかもなのですが。

でもそうやって考えると、例えば有機野菜。これって‟遺伝子組み換えでない”とかいう色々な定義が入っているので、ベアフットシューズや裸足感覚シューズにも定義があってもいいかもですね。そういう定義ってどこで作られどうやって広まるんでしょうね?

で、自分はこの記事に関しては喧嘩を売っているわけではなく、タイトルに騙されず自分にあったものを買ってもらえればいいのかなぁと思います。履けばわかると思うので。なのでこのトップ画像のシューズがいいとか悪いとかいうのではないので誤解のないようにお願いします。

では引き続き応援宜しくお願いします。ブログランキングに参加していますので下のマラソンアイコンをぽちっとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply