• facebook
  • twitter
  • rss

ハワイ・オアフ島の絶景トレイルランニング

ランキング参加しているので読む前に下の“マラソン”のアイコンの所をポチッと押してください!
ありがとうございます!!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村 

震災の起きる前日の3月10日から2週間近くハワイに行ってました。
半分仕事、半分プライベートです。 まずはハワイ島へ。
ちなみにその仕事の半分っていうのは、パーソナルツアーガイドです。
年配の方々で普通のツアーは疲れるから、自分たちの行きたいときに
行きたいところへ行けるパーソナルツアーガイド兼通訳という立場での
仕事です。 それから今回はビブラムの関係でビブラムで走ってる画像を
っていう事もあり。 そんなこんなで行ってまいりました。
いつもなら旅行に行っても写真は殆ど撮りませんが、今回はバッチし撮ってきました。
っていうより撮ってもらってきました。 笑)

ハワイ島に着いた初日に大震災が起こり、津波警報がずっとハワイ島でもなり続け
泊まっていたホテルも強制避難させられいきなりの初日の泊まりは車の中となり
殆ど寝れないまま2日目を迎え、その日も前日寝れなかったら殆ど潰してしまいました。
結局まともに旅行らしい旅行したのはハワイ島は一日だけとなりました。
そしてオアフ島に行き、ワイキキやノースショア、ドールパイナップル園など
まあ無難なコースを行ってきました。  オアフ島で3泊した後、
この方たちを日本へ返し、ここからは気ままな6日間を過ごします。
で、実はハワイでのトレーニングキャンプの企画の話が持ち上がっているので
下見も兼ね、あとビブラム関連の画像撮りも兼ねトレイルを色々と行く事に。

ちなみにハワイ在住の人の話によると、ほとんどの人はハイキングなどは
他の島へ行ってしまうのだが、小さな島はトレイルは海岸沿いにある一本道で
人もいっぱい行くので混んで大変ということでした。 オアフ島は意外と知られていない
トレイルが数多くあるとの事でした。  で、トレイルガイドを早速購入していってきました。

見ての通り路面が色々と変わっていくのが面白い。

勿論途中で小川を渡ったり。 こんな時はやっぱり
ビブラムや裸足でいると楽ですね。
写真を撮ってくれたローカルの友達はいちいちシューズを脱いだりしてました。 

で、上の画像は結構有名なココヘッド。一直線の急斜面に線路が敷かれていて
それをひたすら上り続ける。 下の画像はココヘッドの頂上から。 

そして、やっぱりハワイと言えば海!!!!!!!!
本当にきれい。ちなみにこの画像は裸足ランニングクラブのホームページ画像に
起用されました! ここはオアフ島の北西に位置し、観光客は殆どいないので
海が本当に透き通ってきれいでした。

で、この綺麗な海のすぐ近くに20-30kmぐらいのループがあるトレイルがあると
いうのでいく事に。 

そう、ここはネイティブの人達のハンティング場でもあるのだ。
脅し? ハンティングエリアって書いてある看板が銃でぶち抜かれています。
ちょっと怖いけど。 でもトレイルは一般の人にちゃんと解放されていて
ただ、トレイルから絶対に外れないでください。危険です!!!みたいな
案内がありました。 

っと、こんな感じで結構面白いトレイルだったのでどんどん突き進んでいきました。
マップはハワイだし、ローカルの子もいるしいらないよねっていって持っていかず。。。
ただ、ちゃんと紐のマークがあるからこれについていこうって突き進んでいきました。
そしてループだからってどんどん行ったら完全迷子に。
朝の10時にスタートしてこの迷子になったのが16時過ぎ。 さすがに来た道を戻るには
遅すぎるからとにかく進めばきっと元の道に戻るはずって。
でも全く元の道に出る気配もなく。 ただ、出発した所の駐車場は遠くに見えているから
方向はあってるはず。 で、結局途中からまっすぐ行けなかったりで、
二人で相談して、海に向かって直接茂みの中を降りようって事に。
茂みはどんどん深くなって、でも頑張って傷つきながらも進んでいった先には。。。
絶壁が。。。 そしてまた引き返す。 全く人も誰一人として見ないし。
っとそこに一台の車が。 その車もやっぱり迷っているらしく。
でも地図を持っていて、俺らが捜しているのはきっとここだよっていう
ような事を言われていってみたが、結局間違えていて。。。
既に17時。 ああああ、どうする? 食料も尽きたし、水も尽きたし。
このままここで力尽きるのか?? ハワイを完全になめていました。
地図も持たず、水もいっぱい持ってきていないし、食料もクッキーぐらいだし。
で、友達はそんなに走れるわけじゃないし。 って事で、俺は先に走って
来た道に戻れるか見てくることに。 ランニングしていることが役にたった!
なんて思ったのもつかのま。結局30分走り続けたけど全く
ゴール地点に近づく気配なし。 18時。。。暗くなってきた。っとそこに
一台のジープが!!! 助かった!! 来たところとは逆の
方に行くけどって言われたけど、そんなのどうでもよかった。
で、その車に乗せてもらい逆側の海岸におろしてもらいました。
そしてさらにそこからは人があるける海岸沿いの崖っぷちの
道しかないので逆側までさらに10kmを走る事に。 
結局車に戻ったのは夜の8時。 
二人で生きててよかったね!って。
本当に車に戻ってきたときは感動でした。 
この次の日が帰国の日だったから危うく飛行機乗り遅れるところでした。
まあ、これもいい経験です。 
次回はまたこのトレイルにチャレンジしたい。
ちゃんと水と食料と地図を持って。
チャンチャン

さ、今月23日の裸足チャリティー5kmも既に22名の参加申し込みあり。
そして4月29-5月1日の香川の裸足トレーニングキャンプ(直島・こんぴらさん)
も22名の参加申し込みありで残り枠6名!
まだ募集しているので参加したいかたは宜しくです!

ではでは

“マラソン”のアイコンの所をポチッと押してください!笑
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村 

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

2 Comments

  1. FURU SAKA · 2011年4月6日 Reply

    地図も補給も持たずに未知のトレイルに入るとはチャレンジャーですね!
    本人は死んでも自己責任でしょうけど巻き込まれた友達は災難でしたね。
    ご無事で何よりでした!

  2. hadashirunning · 2011年4月14日 Reply

    笑 
    巻き込むのも巻き込まれるのも自己責任ですから。 みんな大の大人です。 自分で
    判断して行動するのみ。 
    自分が逆の立場でも相手を責めたりはしませんから。 ちなみに、地図は自分は持っていこうとしましたが、友達がおそらくいらないと。。。 でもだからって責めたりはしませんからね。それに結局自分は同意しているわけですから。 ちなみに友達はポジティブな意味でこういう経験はなかなかできないから
    本当にありがとうって。 それもすごいですけどね。

Leave a reply