• facebook
  • twitter
  • rss
危ないのは裸足、それともスパイク?

危ないのは裸足、それともスパイク?

前々回のそもそも陸上競技で裸足で走る事が可能かどうかという記事読んで頂けましたでしょうか? 裸足で走る事事態は日本の陸上連盟は許可しています。すなわちルールに乗っ取って競技をしている事になるので本来であれば問題無いはずだし、大会運営側が危ないから辞めた方がいいとアドバイスはしてもいいと思いますが、禁止するのはどうなんでしょうと思っています。 勿論競技場自体で裸足が禁止されている場合は仕方ありませんが。

あれから色んな人にコメントや意見もらいましたが、やはり多かったのは、陸上競技ではスパイクシューズを利用する人も多く、それに踏まれたら大怪我する可能性があるのでいずれにしても危ないからやめた方がという。 でもよくよく考えたら、これって裸足が危ないのではなく、スパイクが危ないのではないでしょうか? どちらもルールに乗っ取ってやっているのであれば、辞めた方がいいのはスパイク。何故なら裸足は他の人に迷惑をかけないが、スパイクは実際に人に迷惑をかける可能性がある。しかも人の足をふまないにしても、後ろの人の足にあったって流血したりもする。 言ってみりゃ凶器を装着して走っている様な感じ。

そして、競技ルールにもあるように、シューズは競技者に不正な付加的助力を与えるものであってはならない。とはっきり書いてある。裸足は自分の足なので付加的助力を与える事はありえないが、スパイクは明らかに付加的助力を与える物です。もちろん、使用が認められているので不正ではないが。

何が言いたいのか。どちらも競技ルールに乗っ取ってやっている事なのでどっちでもいいと思うのですが、もし裸足を禁止にするぐらいなら、先に禁止するのはスパイクなんじゃないでしょうか? と言ってみたかった。w

まあ自分は陸上経験が数ヶ月しかないのでこうやって思ってしまうのですが、スパイクが当たり前になっているのでまずこういった事が変わる事はない事を承知の上、思った事を書いてみました。 吉野さん、敵を作るの上手ですよね! って皮肉たっぷりでよく言われてしまいます。。。 汗)

それから、思うのは、足が発達過程の小学生ぐらいはそういった付加的助力を与え、危なくもあるスパイクは逆に禁止してもいいのかなぁと思います。まずは基礎的な動きを身につける事が先決かと。偉大なスプリンター達も、恐らく子供の頃は裸足で走り回っていた経験がある人達も多いかと。 大人になってからでもいいのかなぁ。そういう意味ではクッションのシューズも。

そんなわけで、今日も裸足ランの応援宜しくおねがいします。あーまた反感買っちゃった??? 汗)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

2 Comments

  1. shinichiro · 2014年5月28日 Reply

    はじめまして。
    80年代や、90年代初め位までは、世界選手権などの国際的な大会でも、中長距離の選手は、結構裸足の選手はいましたよ!
    800から10000や、3000障害までアフリカ系の選手を中心に、決勝まで残っていたと思います。
    優勝する選手に裸足の人が少なかったのは、がっちりシューズメーカーがスポンサーについているからですね。
    90年代後半辺りから、某大手メーカーが青田刈りのように、ジュニア選手に靴をバンバン配り、自分達の靴のPRをさせ始めた辺りから、急激に裸足の選手が減りました。
    南米じゃ、小さい頃はサッカーもガンガン裸足でやりますし、それが柔らかい動きにつながっていると言う話はよく聞きますので、やはり基本は裸足にあるようにおもいますね~

    • Yoshi · 2014年5月29日 Reply

      そうだったんですね。自分は陸上をやっていなかったし、テニス馬鹿だったので全く知りませんでした。今検索で出るのはゾラバドやアベベぐらいですからね。ブラジルのサッカーは有名ですよね! そう、その柔らかい動き。これを取り戻して欲しいなぁと思う今日この頃です。今の人たちの動きがあまりにも硬過ぎて。。。

Leave a reply