• facebook
  • twitter
  • rss
スポーツ科学者が警告 〜BBC NEWSより〜 PART2

スポーツ科学者が警告 〜BBC NEWSより〜 PART2

台風が猛威を振るっていますが皆さん大丈夫でしょうか?

さて、足裏の摩擦が身体への衝撃を減らすという新たな発見をしたPART1、自分にとってはかなり面白いって思ったのですが、意外と反響無かったですね。汗)でもせっかくなので続けます。まだ読んでない方は先にPART1読んでおいて下さい。

========================================

BBC NEWS  12 Sep 2013 原文はこちら

トレンド

バーニー博士曰く、裸足ランニングは興味深い現象が起きていて、頻繁に注目されたり、また注目されなくなったりしています。

裸足がいいとかシューズがいいとかという疫学的データは十分に無いのです。またバイオメカニクス的観点から裸足ランのメリットと言われている衝撃が減るという事は、他の部分に新たな負担がかかるというデメリットで相殺されてしまいます。端的に纏めると、裸足に順応するという事は勿論可能ではあるし、シューズにかけるお金を節約する事ができます。しかし、裸足で走れば全て解決というような物ではないのです。

また、ウィルキンソン博士曰く、裸足ランで怪我が減るというデータは乏しく、また、裸足で走るとランニング効率が良くなるという事に関しては裸足で走る事自体よりも着地の位置が大きく関係している事は明らかです。

裸足ランの効果を得る為には全部裸足で走る必要があるわけではありません。ミラー博士は、裸足ではなく、裸足感覚のシューズでもフォアフット着地になると言います。

単純に、これらを結論づけるだけの強いデータ(多くの人を対象にした)がないのです。

ミラー博士はウィルキンソン博士同様、裸足ランニングに移行するのは少しづつやっていく必要があると述べています。裸足で走り始めると、痛みや筋肉痛などが2週間近く続く事があります。なので、こういった事が起こりうる事を考慮してください。痛みを堪えて走る様な事はしないようにしましょう。

ウィルキンソン博士自身が裸足ラン愛好家で、彼が言うには、少しづつコントロールしながら裸足ランニングを取り入れていけば、裸足ランのデメリットは一つも思い浮かびません。しいて言うなら踏みたくない物を踏んでしまう事ぐらいかも。

=========================================

この最後の部分がいいですよね。少しづつコントロールしながらやっていけばデメリットは無い! 昨日も思いましたが、海外の教授陣が実際にシューズを脱いで裸足でやって色々感じているのがいいなぁと。そう、結局の所実際に自分自身がやってみないと分からない事いっぱいあるんですよね。

で、一つだけ突っ込ませて頂くと、一般的には、この教授陣が言うように、裸足ランは一長一短って思っている方が多いかもしれませんが、もう一歩突っ込んでやっていけば、膝さえ抜ければ相当状況は変わって来ると思います。ただ、流石にこの膝の抜き(膝を柔らかく使う)をどうやってデータ化するのかが問題ですが。

 

では引き続きブログの応援宜しくお願いします。下のマラソンアイコンをポチッと押してください!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

photo by: dhilung

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

4 Comments

  1. 6hrs · 2013年9月16日 Reply

    こんにちは。
    ならばとコメントです(笑)
    一度コメントさせて頂いた47才おじさんランナーです。
    サンダルで走るのがメインで路面の良いところがあるとアスファルトでの裸足ランを数キロいれてます。

    膝抜きを強く意識してから格段に色んな事が良くなりました。

    なかなか改善出来なかった腸脛靭帯炎が解決。
    脹脛の披露も溜まりにくくなった。
    故に無理無く長い距離も走れる様になった。
    長い下り坂も大丈夫。

    その代わり?腹筋への負担が以前より多くなりましたが、コレは良い傾向だと思っています。

    よくよく考えるとせっかく大きく動ける関節なのだから、膝を使わない手はないですよね。
    より柔らかく足全体が動き衝撃吸収が滑らかになった感がとても強いです。
    (機械などに置き換えても、理にかなった事だと思っています。)

    この事が認知されれば、大きくブレイクするんじゃないかなと強く思います。

    引き続き頑張って下さい!

  2. Yoshi · 2013年9月16日 Reply

    6hrsさん
    とても大切な事なんですけどね。認知はされてきているのですが、やる人が殆どいない状況がずっと続いていますよね。もう今更って感じなのでしょうが。自分の昔からの知り合いも、何も今更って。でもたまに試してみて、びっくりするぐらいはまる友人もいます! そう、やってみるしかないのですよね。

    もうこの時点で大きなブレークが来る事は日本では無いと思っています。
    でも地道に少しづつ広めていこうと思っていますので引き続きよろしくお願いします。

  3. 目からうろこ · 2013年9月16日 Reply

    ラン歴6年の平凡なランナーです。
    嘗て月に300キロ走り、ランニングクラブや練習会にも顔を出していますが、さしたる記録もありません。ただ走るの大好き人間で週に3,4回は走っていますが、頑張ってもフルマラソン4時間ちょっと、ハーフ1時間50分程度です。

    だだ頑張って調子が上がり記録も自分なりに伸びてきた所で、「膝が痛くなります」。

    ランニングクラブのコーチに相談しても「それなりの練習をしてれば、膝の一つや二つ痛くなって当たり前」「みんな痛いですからねね~」と膝が痛いのは一つの練習の証と考え深く受けとめられることはありませんでした。

    私の知るランナーも同じ悩みの人が実に多いのです。

    そんな時裸足ランを知り本当に「目からうろこ」でした。

    いかに自分が体のメカニズムに無知で「ただやみくもに走っていた」かがわかりました。

    今加齢とともに膝痛や、腰痛に悩んで人がランナーだけでなく大変増えています。

    そんな人たちに一人でも多く知ってもらいたいと、まるでベアフットランナーの会長さんに
    でもなったような気持ちでいます。

    頑張りましょう。

    • Yoshi · 2013年9月18日 Reply

      自分もランニング始めた頃に言われたのは、ランニングしてたら膝とか痛くなるのは当たり前って言われてましたからね。実際に一緒にやっていた仲間の8割ぐらいは常に故障に悩まされていました。 

      でも本当に、裸足で走り方を徐々に覚えていけば大体の問題は解決出来る。勿論順応が上手くいかなければ余計に怪我してしまう事もあるのですが、これによって救われる人も多いです。上手くいかない人もいるのですが、やってみないと分からないので、とりあえず一度はやってみて欲しいですよね。
      そこからは本人が決める事ですからね。
      引き続きよろしくお願いします。

Leave a reply