• facebook
  • twitter
  • rss

ビブラムファイブフィンガーズが裁判にかけられる

(ざっくり読んだのでもし誤解があったらごめんなさい。
所詮ブログはブログです。興味が湧いたら是非自分で詳しく調べてみてください。)

今アメリカでホットトピックの一つとしてビブラムが訴えられているというニュースがあります。 姿勢がよくなったり、怪我が減るという誤解を招いているというのが理由らしい。
衝撃が裸足で走った方が減るというのはリバーマン博士によりデータとしてはあるものの
(自分はデータが全て正しいとはとても思っていませんが、裁判の時にはこういう物が
役に立つ様になっているので)、ビブラムで走ったら衝撃が減るというデータは取れていないという。 ビブラムを履いている人には明らかなように思える走り方の変化。シューズを履いている時と同じ様に踵からドンと着地するのは痛いって思うのだけれども、この裸足への順応が出来ずにシューズと同じ様に走ってしまう人達がいるのも証拠としてあるらしく、この人達は衝撃が増える事はわかっている。そりゃそうだろうって思いますが。 だから、ビブラム履けば裸足感覚になって勝手に衝撃が減るって思わされている所が論点の一つ。 確かに履くだけで衝撃が減るわけではない。走り方を修正しなければならない。
でも、それだったらどのシューズ履いても、裸足でも関係無いのでは?って言われそうだけど、この修正に大きく関わるのが足裏の感覚。裸足に近ければ近いほどどうすれば
いいか分かりやすい。だから裸足が一番、その次にビブラム。そう思っている。
でもその感覚がより伝わってくる事によって走り方も変わるはず。というのはあくまで自分達の思いっていうだけの話しになる。結局全ては研究のデータが必要になってくるので。
それから、足の健康って歌っている所も、証明がされていないからっていう理由で。
バランスがよくなるっていうのも同じ理由で。
日本はビブラムの現地法人Vibram Japanが存在しないので直接は関係無いかもしれないけど
凄く気になる所です。

ところで、アメリカで熱いコーヒーを飲んでやけどしたおばあちゃんがマクドナルドを
訴えてぼろ儲けした話しは多くの人が知っていると思います。 子供が肥満になったのは
マクドナルドのせいって訴えた人がいたのも知っているかと思います。

ただ、自分も知らなかったのですが、実はリーボックのeasy toneもお尻が引き締まるって
うたっている事に対して訴えられ、250万ドルの賠償を請求されています。
お尻が引き締まるというデータが取れていないみたいです。 
言ったもん勝ちのアメリカ。 どこまで行くんだろう。 
本当に資本主義の極めつけの国だからこそこういう事が起こるんだろうけど。

そういえば、裁判で、親が、大学生の子供に授業料などのお金を
”貸して” それで、そのお金が返ってこなかったから実の子供を訴えた親もいましたね。
まあ、借りた物は返すのは当然と言えば当然なのですが、子供を訴えるとは。。。
しかも授業料。 

アメリカに10年近くいた自分ですが、言われてみりゃ、何かある度に、
それ、訴えた方がいいよ!って何度も言われてたなぁ。
でも何だろう、でもアメリカ結構好きです。笑) あの南カリフォルニア
のライフスタイルは捨てがたい。。。

ところで、今日は関西裸足パーティー西山トレイルの最終コース
確認に行って来ました。なんと途中で霙が降って来ました。
晴れ男と呼ばれている自分なんですが、(イベントが中止に
なった事はまだ一度もないので。)
実は下見は殆ど荒天。とくに一回目の下見は。
山梨は一回目は台風が来て中止に、福岡も一回目は大雪で中止、
京都の今回のトレイルも一回目は大雪。でも京都の時は自分1人
だったので強行でやりましたが。2回目も基本よく雨に降られたりします。。。
まあ、でも大きなイベントはとにかく当日さえ晴れてくれればですよね。
よしとしましょう。
いよいよ明日は関西初の裸足パーティー!
楽しみです。

さ、ブログ村ランキング2位まで急上昇してきました!
目指せ1位!1位はあまりにも遠いですが、地道に
ポチッと押してもらえれば。。。
宜しくお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply