• facebook
  • twitter
  • rss

大阪イベント全て終了、そして最高のフィナーレ?

火曜の夕方から入って今日までずっと大阪出張でした。イベントは
全部で7回やってきました。イベントは凄くエネルギーを使うので正直最後は
疲れてきていましたが、その最後は六甲山裸足・ミニマリストパーティーという。。。
参加者はトレイルが45名、飲み会47名。トレイルだけってたまにいるのですが、
飲み会だけっていう人がいるのも大阪の特徴でしょうか?w

40名を超えるとやはり大所帯!スタート前から盛り上がってます!
真ん中にピンクのティーシャツ軍団見えますでしょうか?
なんと10名超えで一緒に参加してくれました。
レベルによってコースが分けられA, B, C, Dとなるのですが
今回はAは1人でした。まあ、暑さもあったと思います。
そしてBは25名近くいたのでは?そしてCとDが10名前後。

六甲山トレイルは本当に気持ちいい。猛暑にもかかわらず
小川からの涼しい風が吹いたり、基本全部木に囲まれているので
直射日光が当たる事も殆どありません。何よりも小川を何度も超えるの
ですが、最初は皆濡れないようにしていましたが、途中からは敢えて
じゃぶじゃぶ浸かりながら走っていました。
そして最後にはビッグな滝が!

全員怪我も熱中症もなく無事に走り終えました。Dコースだけはミスコースで
少しきつかったみたいですが、トレイルはミスコースも経験のうちです。
時間通りにしっかりと帰ってこれたので良かったです!

そしてこの後の懇親会。2名増えての47名。ちょっと合コンちっくに
席替えとかも入れてみました。それにしてもうるさい!賑やかな関西人です!
抽選会も凄く盛り上がりました。今回もこのイベントには東急ハンズから
ギフトカタログ1万円、5千円、3千円、そしてA&FからはGregoryのトレラン
バッグが2つ、勿論Barefootin Japanからもビブラムファイブフィンガーズを頂き
武田レッグウェアからはRXLソックスも。 20名近くが当たりました。
外れた方も、実はこの前日の飲み会でもらったKIRINのナデシコジャパンクリアファイルや
ボールペンなどももらえたので、まあはずれ無しって感じでしょうか。
抽選会で一番受けたのは、前回も来てくれた超強烈キャラ?wで地下足袋のソールを
くり抜いて外からの見た目は地下足袋、下から見ると裸足という、もう20年間裸足で生活している人がビブラムが当たったんです。そして巻き起こったブーイング!
“辞退”コールが巻き起こりました! そして半強制的に辞退。でも誰もかわいそうって
思った人はいないでしょう。代わりに協会のティーシャツとBarefootinc Japanのティーシャツをプレゼントしました。元々ティーシャツが一番欲しかったみたいなのでちょうどよかったです。

そして最後には期待していた?サプライズ!

このケーキ凄いですよね。裸足王子オリジナル!?
協会のロゴがホワイトチョコレートで作られました。相当大きいチョコです。
しかも気を効かせてマクロビ(無糖)スイーツ! って事はありませんでしたが。w
全員がクラッカーもってくれていて本当にビックリしました。
まさか自分が住んでもいない大阪で祝ってもらえるとは。感激です。
準備してくれた方々本当にありがとうございました!涙

そしてまた今回もサイン会状態! 本にサインする事はあっても
これだけティーシャツやらリュックやらにサインをする事はありません。
しかも列が出来てました。 関西ではいつも有名人扱いです!これも
関西限定ですね。爆)それに完全にのっかっちゃってる自分がいます。

そしてこの流れで2次会へ。いきなりの二次会にも20名が。
とくかくパーティー好きの関西人! パワーに圧倒されました!

とにかく疲れましたが、同時に凄く楽しかった一週間でした。
次回はトレイルは京都に戻します!10月末予定です。
宜しくお願いします!

さあ、今週末はおまちかね東京での裸足合コンと裸足ビーチバーベキュー
の2本です。合コンは速攻で定員に達してしまいましたが
ビーチバーベキューはまだ申し込めます。それから直島キャンプも。
香川の直島最高です!! 
申し込みはhadashirunning.jpで!

今から東京へ帰ります。そしてなんと今日も裸足ランニングクラブの5kmタイムトライアル&懇親会。飲み会が続きます。また体重がぶり返しそうです。
少し痛めてしまった足がちょっと心配だけど。5kmどうしよう。。。

ではでは是非裸足ランニングブログ応援してください。
っていうわけで誕生日プレゼントだと思って下のアイコンを
ポチッと押してください!!全員押してくれれば一位に届くかも!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply