• facebook
  • twitter
  • rss

地味な活動に火が付き始めるかも 熱い夏の始まり〜香川から

自分の地元の香川県でも裸足ランニングが広がって欲しい。 そんな思いで活動を開始した当初から依頼も来ていないのに半分強引にイベントを強行してきた香川県。

イベントの回数で言えば当然東京が多いのですが、その次が大阪、そしてその次ぐらいに
おそらく福岡と香川が並ぶ感じで、次は沖縄。この東京、大阪、福岡、沖縄、香川の中で
反応がずっとぶっちぎりで鈍かった香川。せっかく自分が香川出身だからこの状況をなんとかしたいと坂出にあるテニスショップのローランギャロの後藤さんや、サッカーのコーチやレフェリーをやっている明星さんがずっと動いてくれていました。そして今回ようやくその活動に花が咲き始めています。
今日はまずは高松高校サッカー部へ。部員30名程。この高校は自分の記憶が正しければ香川で一番勉学でレベルが高い高校。理解力はかなり高かったです。ただ。。。
反応はイマイチ。食いつく生徒とそうでない生徒の差がこれほどまで大きかったのも
初めてかもしれません。因みにとにかく暑かったので(アスファルトも使って練習したので)流石に学生はビブラム履いてやりました。自分は裸足だったのですが、流石にちょっと路面の熱さは凄かったです。
イベント後はドングリランドへ。トレイル100選に選ばれたとか何とかっていう
トレイルのコース。でも田舎のトレイルコースって感じで蜘蛛の巣がとにかく凄かったです。ただ蜘蛛の巣を覗けばかなり走りやすくいいトレーニングになります。
来年の香川キャンプでは是非使ってみたいです。アクセスが凄く悪いですけどね。
そしてそのまま夕方はシーガルFCというサッカーのクラブチームでの裸足ランニング。
小学生30名、中学生40名、父兄10名の総勢約80名。
こんな感じでしょうか。父兄の中には仕事を放り出して来た人達も。
それぐらいかなり興味を持って来てくれました。
最初は会話をどこに合わせばいいのか迷いましたが、とにかく伝えたい事を
伝える事にしました。ただ、小学生もかなり理解力あってビックリです。
一番食いついていたのは父兄でしたね。お母さん達が汗びっしょりになって
一生懸命、でも凄く楽しそうにやっていました。 
全体的に動きも大分改善されました。 
で、これだけ参加して貰えた事は勿論嬉しいのですが、何よりもここの
香川監督と出会えた事は本当に良かったと思います。若くて、熱心で、
貪欲で、純粋で。 心を打たれるとはまさにこういう事をいうんだと思いました。
まだまだ学生に教えるのに慣れていない自分に色々といいアドバイスもして
くれました。出来るかどうかはまた別の話ですが。汗)
今回の香川出張はもうこの監督に会えただけで大満足。
サッカーと裸足。 ボールに力を伝える時の感覚。正確に足のどこでボールをとらえるかを掴む感覚。この感覚を養うのは裸足が一番。失う物は何も無いので是非取り入れたいと
いってくれました。因みに、シーガルではビブラムも置いておいたのですが
全員裸足で最後までやり通していました。
因みにこの監督は全国のサッカー関係者と繋がっていて、早速次ぎに行く九州での
話がほぼ決まりました。練習後の夕食を食べ終わった直後にはもう電話してくれていて。
サッカー関係も大きく広がっていく可能性が出て来ました。
これも明星さんの情熱が伝わって来た話なので本当に感謝です。
こうやって考えると本当に全国で色んな人が裸足ランニングを広めようとしてくれています。地道な活動が少しづつ実を結び本当に世の中を変えれる時が来るのかもです。
というか来させなきゃいけないのです。 
本来あるべき姿を皆で取り戻して行きましょう!
これからも応援宜しくお願いします。
ブログランキング参加しているので下のマラソンアイコンを
ポチッと押して応援してください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply