• facebook
  • twitter
  • rss
Vaporfly実際に履いてみた 第一弾 VFF VS Vaporfly 4%

Vaporfly実際に履いてみた 第一弾 VFF VS Vaporfly 4%

100聞は1履きに如かず!? という事で色々とNIKEのVaporシリーズの事を書いては来ましたが、実際どんな感じなのかを履いて比較してきました。と言っても自分が今回試したのはリオオリンピックで話題になった5年前のモデルVaporfly4%。 今話題になっているのはこの次のVaporfly Next% の更に次のAlphafly  Next%。どんどん進化しているので時代遅れ感半端ないですが、とりあえずAlphaflyにたどり着くのはまだまだ時間かかりそうなのでまずは4%、そして次回はNext%を試してみようと思います。

まずはどう実験するのかで悩んだのですが、流石に自分がレースでこれを履くわけにはいかないので(ソーシャルプレッシャー w)ランニングマシーンで試してみました。でもこの時はVaporflyを履いた方が身体が重く感じて、心拍数は変わらない感じで、???ってなったのですが、よく考えたらランニングマシーンってクッションが結構効いているのでVaporflyの効果が薄まってしまうんだなって事に気づきました。できるだけ環境の変化が少ない所でやろうと思ったのですが、これはすぐに断念。

そして一ヵ月ぶりぐらいのインターバルトレーニングで試すことにしました。ただ心拍数が上手く作動せず(いつもより明らかに低い数字で推移)感覚で走る事にしました。まぁでもずっとインターバルトレーニングはやってきているのでとにかく同じぐらいの感覚で走る事にしました。近くの公園の外周が一周900mだったので900mx6本をやる事に。

1本目 3:33 (vibram)
2本目 3:22 (vapor)
3本目 3:33 (vibram)
4本目 3:35 (vibram)
5本目 3:25 (vapor)
6本目 3:31 (vibram)

900m走って Vapor平均3:24  Vibram平均3:33なので1km換算だと10秒差ぐらい出る感じですね。っていうかこれほぼ4%? なんかそのまますぎてつまらなすぎですね。w まぁ実験としては本当は同じだけやるつもりだったのですが、なんだかVapor履いて走っている時の感覚がいまいち気持ち悪くて本数の割合変えちゃいました。練習もしたかったので。なんだろう、ふわふわして地に足が付いてない感じ。スピードも感覚的には出てる感じはしないのでちょっと遅いかもって思ったら逆に速くなっていたりとか。スピード感覚も明らかにずれる。まぁ乗り物に乗っている気分に近い。もう少し履きなれればより効果を受けられるかもですね。あと、ビブラムとの切り替えはこれに関しては全く問題無しでした。

とりあえずまずはVaporfly4%は自分は4%実際に効果出そうだという結論。そう、履くだけで速くなりました…。orz シューズとしては〇、ランニングの本質としては×。いわゆる “喝っ!” ですね。w 次回はNEXT%を試してきます。

それではブログランキング参加しているので下記リンクをワンクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

 

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply