• facebook
  • twitter
  • rss

裸足で出来る足の裏のマメについて

実は自分も今少しだけマメができています。場所は小指球?で自分が出来ているのは若干内側ですが。 ここに血豆が出来ています。裸足で昔から走っている人達の話を総合すると、血豆は衝撃が強すぎ。 すなわちもっと柔らかく接地する必要があるという事。実は福岡で練習していた時にかなりハイペースで練習したので、ペースが上がり衝撃が増えたためだと思われます。 ペースが速い時は本当に気を付けないと、スピード出そうと意識しすぎて着地が雑になってしまいます。

それから拇指球には水マメができやすいのですが、ここは地面を蹴る時にできやすくなるとの事。 ちなみに写真の〇のところですが、実際にマメが出来やすいのはこの〇よりもう少し外側で親指と人差し指の間を下におろしたところとでもいいましょうか?自分の場合はスピードを出すときに昔の地面を蹴るという使い方をしてしまいここにマメが出来てしまいます。 

結局の所スピード出すと小指球の血豆、拇指球の水マメが出来やすくなる。
もしくはゆっくりでも長い時間行うと同じようになってしまう。

ここからが大事なのですが、実は自分は一度もできたことがないのですが
指にマメが出来る人。結構いるんですよね。 自分は出来たことがないので考えた事があまりなかったのですが、ケンボブの本にも書いてありますが、これは着地の時に指を上にあげていないからとの事。 そうやって言われると確かに自分も着地の前に軽く指を上にあげて肉球から着地するようにしています。 でも完全無意識でやっていました。ただ、ずっと靴を履いているとおそらくそういう使い方してもしなくても特に影響がないのでしない人はしないのかと思います。というわけで指にマメが出来るかたは軽く着地の前に指を上げる。そして着地するときに指を自然におろす。
というわけで着地は肉球(小指球から拇指球の順にいき)が最初に着き、その後に指と踵がおろされる感じです。

上手く伝わったでしょうか?
何気ないメッセージですが、裸足で走ろうとしてマメが何度もできる人には
かなり重要な事かと思います。 これはビブラムを履いていても同じことです。
ただビブラムだと裸足ほどは簡単には出来ないですけどね。こういう使い方が出来ればシューズの中でもそう簡単にはマメが出来ないはずです。勿論サイズが合っていないとかもありますが。

というわけでケンボブさんの本が予約開始されたそうです。

帯に自分がでかでかと乗っちゃっています。。。
一瞬自分が書いたように思われそうですが、ケンボブさんですよ!
世界の裸足第一人者です。あのテッドが裸足で走るきっかけにもなっている凄い人です。

それではブログランキング参加しているので下のマラソンアイコンを
ポチッと押して応援してください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply