• facebook
  • twitter
  • rss
5カ月の沈黙を破り、ブログ再び更新! 本気で死にかけた日々 ~生きてこそ~

5カ月の沈黙を破り、ブログ再び更新! 本気で死にかけた日々 ~生きてこそ~

元々書く頻度は1-2週間に一回ぐらいと結構減っていたのですが、今回は5カ月もご無沙汰してました。本当に色々な事が起きてしまい、更新する気力も無くなっていました。でも、もう大夫精神的にも充電出来て来たのでまたマイペースで書いて行こうかなと思っています。もう完全に映画の世界に入った様な感じでした。

事件が起きたのは2018年1月1日ケニアにて。この事件が起きるに当たって既に予兆はあったんですけどね。ケニア裸足ランニングプロジェクト。裸足でのトレーニングや自給自足の生活を取り入れ、強い選手を育てていきたいという思いでやっていたのですが。完全に足元を救われてしまいました。たった一人のせいでここまでやられてしまうとは。

まだ争っている最中なので詳細は書けませんがざっくりと。

1月1日 ケニア裸足プロジェクトでの大きな汚職に気づいてしまい、逆切れされて大きな口論になり、殺されかけました。大きな石が自分の顔面に向かって凄い勢いで投げつけられようとした瞬間、思わず目を閉じその場で倒れ込み、“あー死んだかも”と思いながらそっと目を開けると近くにいた選手がギリギリの所で助けてくれてました。

そしてこの後が酷かった。自分は被害者のはずが、犯罪者にしたてあげられ、警察に追われる立場に。現地にいる日本人のSさんやその周りの方の協力でその場をなんとかしのぎ、その後は警察や地域のかなりのお偉いさん達も巻き込み、大きな事になっていきます。多くの人が協力してくれていたので安心していたのですが、その後相手の弁護士から手紙が届き、裁判所から出頭するように連絡が来て。

そうこうしている間に裁判が始まりました。何故か自分が訴えられている状態で… 裁判が始まった時点で、一般的に外国人はこの国では絶対に負けるよって言われていたのですが、でもちゃんと色んな証拠や証言もあるので、身近な人達からは絶対大丈夫って言われていたのですが。。。また、この裁判の内容が酷すぎて。

自分にも弁護士がついているのですが、言われた通りに全くならないし。自分側の事は全て後手後手になり、相手の訴えを落とすだけの立場に。そうこうしている間に、色々な嫌がらせが始まり、自分が帰国する前日には自分に協力していた選手の物や、自分も持ち歩いていた貴重品以外スーツケースごと盗まれてしまい、また出発前日に再び殺しに来るという連絡が入り、深夜4時にこっそりとキャンプを抜け出し出国しました。

とにかく生きた心地のしなかったケニア滞在。このケニアの後は香港トレイルレースに招待されていたので香港に向かったのですが、香港に入った時は自然と涙が出てきました。あー、本当に無事に出国して良かったと。

因みにこの裸足ランニングプロジェクト、自分が使った費用1300万円。実際の価値600万円前後(何故ここまで価値が下がっているのかは想像にお任せします。因みに土地の価値が上がっています)。そしてその600万円のうち既に半分は奪われた状態。結局のところ全部失ってしまいそうな勢いです。でも、まずは命があってこそ。しばらくはケニアの事は流石にトラウマになっていたのであまり考えたくなかったのですが、今は時間も置いて冷静に考えられるようになってきています。

現段階で言える事は、自分はやっぱりこのプロジェクトを続けたいという事。当然やるなら0からやらないといけないので色々とクリアにしていかないといけない事はあるけれども。でも今回の事も含め、彼らが置かれている現状を考えたら当然の様に起こってしまった事。誰が悪いというわけでもなく。そして何よりも本当に人生勉強だなぁと。ここでしか出来ない経験がありすぎて。思った通りにいかないことだらけで。理屈や、法律や、良心、義理、人情、そんなものが一切通用しない。

まだ弁護士からOKサインもらってないので行けないですが、OK出たらまた行きます。そしてやり直します。また失敗するかもしれないけれど。でも一度きりの人生、後悔したくないし、前に進みたい。今回の経験を生かして。

それでは引き続き応援よろしくお願いします。とりあえずひっそりとブログランキングに参加しているので、下のマラソンアイコンをぽちっとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply