• facebook
  • twitter
  • rss

今更裸足ランは出来ない。。。重くのしかかる現実

自分が留学をしているときに始めたトライアスロン。今から8年前。
その頃は日本にはランニングやトライアスロン関係の知り合いは0でした。
そして初めて日本人で仲良くなった方が、アイアンマントライアスロンやウルトラマラソンをやっていて、とにかく走るのが大好きで毎日走っていました。
水泳のコーチもされているのですがさほど泳ぐのが好きではなくとにかく走ってばっかりいる人でした。 

勿論自分が裸足の事をやる前から知っていて、当然裸足の話もしていました。
踵や膝に痛みがあるって事で勧めてもみたのですが、絶対無理!シューズ履いていたって痛いのに裸足なんて絶対無理!的な反応だったので無理に勧めたりすることもなく、自分の近況を報告するぐらいでした。

そしてその方がとうとう膝の痛みで走れなくなってしまいました。どれだけ走る事が
好きか知っていただけに本当に残念です。 色々シューズやインソールも試していたと思うのですが。。。 確かに本当に痛くなってしまったら裸足は本当に無理なのかもしれません。

そして彼の周りにいるトライアスロン選手とかの話とかにもなったりして、言われたのが、“皆、今更裸足なんて出来ないんだよ。初心者で走りの癖もない人ならいいかもしれないけど、ここまで一生懸命トレーニングして、既に痛みもあるのに裸足なんて今更できないんだよ” 

なんかぐさっと刺された思いでしたね。 
確かに。ただ裸足がいいっていうだけじゃあ、広がらない。
既に足、膝、腰に爆弾を抱えている人達は、裸足なんて無理。
いいとか悪いとか以前の問題なのかもしれません。

こうやって考えると、今まだ何も運動していなくてこれからランニングでも始めようっていう人たちには一度は裸足ランニング体験してほしいですね。 皆物凄い筋肉痛になりますが、関節の痛みを訴える人は殆どいませんからね。
それで少しづつ筋肉を鍛えていく。体の使い方を身に着けていく。
これが一番いいような気がします。 

こうやって考えると、何故あのガチランナーが大勢集まる織田フィールドで
裸足やベアフット系シューズで走る人が一人もいないのかも納得できます。
さあ、これからどうするか。。。

それではブログランキング参加しているので下のマラソンアイコンを

ポチッと押して応援してください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply