• facebook
  • twitter
  • rss
レース中の痙攣 パート2 原因は糖質にあり?

レース中の痙攣 パート2 原因は糖質にあり?

トップ画像は自分は初めてボストンマラソンに出場した時に痙攣しまくって完走してあまりにも痛そうにしていて地元の新聞の記事に取り上げられた時の画像です。w

さて、レース中の痙攣と走り方。確かに走りを良くする事でも改善は出来そうだし、トレーニング量を増やす事でも改善は出来そうだし、電解質も取ればという事だったのですが、Facebookでもらったコメントで、言われてみてそうだなと思ったのが糖質問題。

 

糖質といっても、自分はその“質”も関係があると思うので、その質の中でも最悪と言われている白砂糖に絞って書いてみます。

砂糖は分解される時にビタミンやミネラルを破壊•消費すると言われているのですが、長い距離を走る時にこのミネラル系のバランスが崩れているのが痙攣の原因とするならば、そもそも砂糖を取らなければ大丈夫なのかと。そうやって考えると改めてスポーツ飲料は???ってなりますよね。砂糖もいっぱい入れた上で、ミネラルも入れる。結局チャラ? 的な。まぁ、だからスポーツ飲料は飲むなら薄めて飲めっていう。まずは白砂糖抜きでどう変化するかでやってみたい。

来週の上海マラソンでまずは試してみよう!

それではブログランキングに参加しているので下のアイコンをポチッとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

 

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

2 Comments

  1. hoshiken · 2016年10月25日 Reply

    砂糖 中でも果糖のもつ麻薬的効果 を利用する食品業界の戦略
    あまくない砂糖の話 http://eiga.com/news/20160318/13/
    参考になるかもしれません

Leave a reply