• facebook
  • twitter
  • rss

裸足で走ると回復も早い!(前回のブログの続き)

意外と反響が少なかった前回のククゼラ博士のyoutube…まあ残念と言えば残念ですが。英語というのもあるんでしょうか。シンプル且つ本当に大切な事を教えてくれているのですが。
というわけで、彼が言っている、走る効率を良くすれば当然回復も早くなる。。。
昨日の裸足ランニングクラブの自主練で8kmを3分34秒で走りました。今の自分には上出来すぎるぐらい上出来な内容。ククゼラ博士のコメントも意識しながら走ったのもよかったのかなと思っています。いかに走りをよくするかだけを考えて。おそらく東京マラソン以来??10km以上連続で走った事がなかったのでそろそろと思い1時間走をするつもりが気づいたらドンドンペースがあがり最終的には3:20ぐらいで走っていました。が、流石に足がもたず8kmの所で力み始めたのですぐにやめました。おそらく自分のいいところはここ? 無理をしない。いい走りの部分だけで走る。とはいえレースは流石に無理しますが。。。(東京マラソンで痛い思いをしてますからね)
で、今日はアトミクラブの練習会のメニューを見たら5kmタイムトライアル。流石に昨日の今日で昨日はやり過ぎた感はあったので迷ったけど、“走りが良ければ回復も早い”という言葉を信じ、行って来ました。結果は18分03秒。。。まあ合格でしょう。これだけ月間走行距離が少ない自分が前日にあれだけハードなメニューをこなしつつ、いつものタイムと変わらないタイムで走っているわけだから回復は早い! はず!
ランニング効率 今一度ランナーに考え直して欲しいテーマですね。ここが改善すればランナーとして全ての問題が解決すると言っても過言ではないぐらいですからね。
話はちょっと変わりますが、今日の練習会、相変わらずベアフット系シューズは1人もいないって思っていたらいましたよ! なんとあの裸足ランニングクラブ最速ランナーのSさんでした。練習会にはもう半年以上来てませんが。やはり月曜日の19時は難しいとの事でした。でもビブラム普通に履いて練習していたのでなんか嬉しかったです。おそらく彼は初の15分台で走ってたはず。自分は終わった後に速攻で帰らなければならなかったので。因みにあれからも彼は順調にタイムを伸ばし自己ベストは2時間32分だそうです。素晴らしい。ただ、リアル裸足はやっていなくビブラムでちょこちょこ走っているとの事。10kmぐらいまでならベストに近いタイムで走れる様になったって言っていました。

因みに今朝は10月20日のベアフットマラソンの打ち合わせに行って来ました。一緒にレースをやる奥武蔵ベースの双木さんも今日は裸足チャレンジのコースをリアル裸足でチャレンジしました。 その時のコメントがこれです。リアル裸足エントリーした人、若しくは検討している人は参考にしてください。コースの画像は後日協会ホームページにて掲載します。因みにベアフット駅伝(ベアフット系シューズを履いての駅伝)に単独エントリーがスタートしました。特に午前中の10kmのレースに参加する人は気軽に申し来んでください。当日協会でランダムにチーム決めをして出てもらいます。勿論2ー3人で申し込んでも大丈夫です。足りない人数をこちらで調整します。

それから嬉しいニュースが。久々の全国放送の取材です。誰もが知っているニュース番組!明後日の大島小松川公園での裸足初心者講習会に来てくれます。結構視聴率もあると思うので期待ですね。ただ、参加者が若干少ない気がしますが。興味ある方は是非来て下さい。詳細はコチラ。そして土曜日は神奈川県内の中学校で夕方からもイベント。そして日曜日は飯能で下見も兼ねたトレラン&バーベキューイベント。これからしばらくは都内のイベントやレースばかりなので出張は来月の大阪までなさそうです。

それではブログランキング参加しているので下のマラソンアイコンを
ポチッと押して応援してください!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply