• facebook
  • twitter
  • rss
明けましておめでとうございます!今年は正念場

明けましておめでとうございます!今年は正念場

皆様、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします!

というわけで心機一転ブログを引っ越ししました!今最先端の??Word Pressへ!かなり見やすくなったのかなぁと。

去年最後の大晦日は朝一でランニングパートナーをしてもらっている人と代々木公園のクロカンコース2.7kmx4本のロングインターバル。クロカンコースで平均3:45で走り一番去年の中でいい走りをして終われました! そして色々あって夜は急遽チカラメシへ。大晦日の晩ご飯が。。。

カウントダウンは六本木に友達と繰り出し朝4時まで踊り続けました。自分は基本クラブに行かないしお酒も殆ど飲まないのですが、流石にテンション上がって踊り狂っていました。ノリノリで飛ぶ時もバネが利き過ぎて高く飛び過ぎって友達に言われたりして。。w 帰って来たのは朝の5時。そして起きたのは昼の15時。10時間爆睡です。こういう生活を毎週末送っている若者ってある意味凄いなぁと関心です!

さて、本題の今日のテーマ、今年は正念場!

これは感覚が鋭い自分だからこそ?肌で感じ始めているのですが、今年は色んな所が裸足を流行で終わらそうと畳み掛けて来るのではないかと思っています。裸足ランは流行なのかムーブメントなのか的な議論がアメリカで結構されていますが。

日本は特になのですが、何でも流行にしてしまいます。その方がまた次の新しい物が売れますからね。裸足も同じです。裸足ランや裸足系シューズも流行で終わらせてしまった方がまた次の流行が出来ますからね。裸足ラン普及するためにも裸足系シューズに頑張ってもらわないと。やはり現実としていきなり裸足にはいけないので、まずは裸足シューズから。そこから裸足に入ってもらうっていうのが今の現代にあっているのかなと思っています。結果としてどうすれば最終的に多くの人がやってもらえるかですからね。根本的なシューズの構造は本当に変わって欲しいと願うだけです。裸足で走れれば裸足系シューズでも(まあ物によりますが)問題無く走れますからね。

で、クリールの“はだしランの落とし穴”的な記事もそうですが、今年は大きな一般ランナーにとっての分岐点もやってくると思います。それはそういうネガティブな記事に対して

  1. だからこそ少しづつきちんと裸足ランを取り入れる
  2. やっぱり裸足は危険

ランナーの多くがどちらを選ぶのかは今の自分には全く分かりませんが、メディアの動き、もしくはメーカーの動きで2に動こうとする所が多く出てくるのではないかと感じています。別にネガティブになっているわけでもないのですが、単純に今年が正念場であり、踏ん張りどころなのかなと。

不安でもありドキドキでもありますが。。。

そんなわけで今年も宜しくお願いします!

引き続きブログ村の応援も宜しくお願いします。下のマラソンアイコンをポチッと押してください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

photo by: Lenabem-Anna

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply