• facebook
  • twitter
  • rss

裸足でフルマラソン! 流石にやりすぎ!?

裸足で走る研究を始め、裸足で実際に走り始めてもう11年になります。研究を始めた当初は裸足で走った方が理論上速く走れるはず! と意気揚々トレーニングをしていたのを思い出します。

早く順応するために私生活も1年間程全部裸足で過ごしました。めちゃくちゃ痛い不整地も裸足でいきました。ロードは全部フルスピード。だけど5kmも走らないうちにマメが出来る。何度走ってもマメが出来る。この頃は着地の位置だけの事を考えていたとき。情報も殆ど無かったから。。。かなり痛い思いをしています。

そしてケンボブと話したり、他の裸足でフルマラソンを走っている人達に出会ったりして少しづつ考え方も変わり、そんな単純な事では無い事に気づきました。そこからは裸足でのトレーニングを少しづつ取り入れ、長い距離や不整地やレースはシューズを履いて走る。そうする事によって結果的に怪我も少なく、パフォーマンスも自然と上がっていきました。いわゆる理想的な裸足トレーニングを上手く使ってパフォーマンスを上げていった感じです。

当時の感覚として、裸足でのフルマラソンをシューズを履いた時と同じ、もしくはシューズより速く走れるようになるには10年ぐらいかかるかもなぁと漠然と思っていました。それはあくまでトレーニングを少しづつでも続けていればの話しですが。

アメリカにいた頃はトライアスロンをやっていて、ほぼ毎日トレーニングしていました。週末なんかは朝6時から13時まで自転車、その直後に1時間半のラン、そこからすぐに海に行って遠泳を1時間。セミプロ?って思うぐらいトレーニングして、何もしていないと気持ち悪くなるぐらいやっていました。

でも日本に帰国し、得に裸足ランニングの普及を始めてからは気づいたらトレーニングを殆どやらないようになっていました。平均すれば1週間に1回5km程度走るか走らないか程度の量に。走らずに走れる様な動きを求める様になっていたというのもありますが。なのであのままトレーニングを続けていればおそらく現時点で既にフルマラソンでもシューズと変わらないぐらいのレベルに持って行けてたとは思いますが、今は普及活動がメインになってしまっています。

とはいえ、やはりいつかは裸足でフルをという気持ちが無いわけではありません。

そして来年4月、いよいよチャレンジする事になりました。ベースは大夫高くなっているとは言え、フルマラソンを走りきるには、走る量も質もどっちも高いレベルが求められます。自分には量が圧倒的に欠けている事も分かっています。

ただ、3−4ヶ月あれば心肺機能を戻せると思うので4月に標準を合わせ、12年目にしての初めての裸足フルマラソン完走を目指す事になりました。結果がどうなるかなんて分かりませんがやれるだけの事はやりたいです。

今度こそ。何度目の正直? よくわかりませんが、少なくともこう公言する事でちょっとでも自分にプレッシャーをかけられればとは思います。

現在身長163cm体重58kg。 体重も結構落とさねば。

ホノルル終わったばかりですが、早速今日から走りに行って来ました!そう、明日からではなく今日から! 頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします。それではマラソンアイコンをポチッとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

6 Comments

  1. ふくさこ · 2015年12月19日 Reply

    吉野さんはゆっくりでも完走を目指すっていうのができませんからねw
    サブスリーペースで突っ込んで豆作って中途半端に終わる姿が今から目に浮かびますwww

  2. hoshiken · 2015年12月24日 Reply

    4月 長野ですか? ともかく最高の裸足を願います

    • Yoshi · 2015年12月26日 Reply

      かすみがうらです。最終的には80名ぐらいになってそうです!頑張ります。

  3. Tetsu · 2015年12月25日 Reply

    マメができるという事は走り方がまだ正しくないと理解しております。

    • Yoshi · 2015年12月26日 Reply

      正しい、とか正しくないとかっていう白黒はっきりって言ったものでは無いと思いますが、一つの目安になると思いますよ。

Leave a reply