• facebook
  • twitter
  • rss

ベアフットレースが無事終了しました。そして今日から出張三昧!

一大イベントのベアフットレースが無事に終了しました。 

前日入りして最終準備を整え、朝6時半にレース会場へ行きました。
20名弱のボランティアの方々と設営です。このボランティアの方の
殆どが共催の奥武蔵ベースの方々で、色んなイベントをいつも一緒にやっているので
本当にスムーズに準備が整いました。 
そして今回はなんとDJの方々も来てくれて、かなりレースっぽくなりました。
っていうかレースですよね!
そうこうしているうちに朝一での裸足ランニング講習会の時間。
申し込みは20名ほどでしたが、当日申し込みが続々と増え気づいたら35名以上に
なっていました。 そしてその殆どが裸足で走る事が初めてで、しかも裸足エントリーをしている人達でした。1時間でマスターしようというのか?笑)

講習会終了後に、すぐにコース説明を行い、いざ10kmの部スタートです。
一体何人ぐらいいたんだろうっていうぐらい大勢の方が裸足で走りました。
メディも、NHK, Number Do,飯能ケーブルテレビと来てくれました。
おそらく裸足ランナー70名、一般ランナー60名といったところか。

コースは2往復するコースだったので選手同士が励ましあいながらわきあいあいと
走りました。ただ、トップの方はもう凄い勢いで走ってましたね。
なんと総合優勝は裸足ランナー。しかも裸足で走ったのが初めてという。
走り始めたのは3年程前で、走り始めた時からずっとビブラムで走っているそうです。
やっぱり思うのは、裸足とか裸足系シューズは初心者が特に履くべきですよね。
最初はどっちにしても少しづつしか出来ないし。 最初に走り方をやっておけが
あとは距離を伸ばしていくだけ。 あれだけ起伏があるコースの10kmを45分で
走りきるなんて。そして2位、3位はビブラムを履いたランナー。4位は裸足、
5位は自分と続きました。やっぱり最近の故障でのトレーニング無しが響き体が重く
トップから5分遅れの50分でゴール。裸足部門でも3位と。。。 やられてしまいました。優勝狙っていましたが。。。 でもこういうのモチベーションあがりますね。
やっぱりトレーニングしないとですね! 

そしてゴールした後は後からくるランナーの応援。他の応援している人も言っていましたが、こんなに笑顔でゴールする人達が多いレースは見た事がないと。
本当にみんな凄い笑顔でゴールしていました。トレイルの裸足なのでかなり痛い所も
あって、結構悲鳴とかも聞こえていたのですが、最終的には皆笑顔。裸足ランナーの
半数以上が裸足で走る事初めての超裸足初心者にも関わらず全員完走したのは凄い事。
更に驚いた事に足の裏を切った人が1人も出なかった事。 足の横を少し切ったり
爪をぶつけたりは多少ありましたが。 大きな怪我がなく無事に終了しました。

シューズを履いたランナーも殆どがビブラムやルナサンダルでした。 
ざっくりとですが、裸足ランナー6割、ベアフット系シューズを履いたランナーが3割、
一般的なシューズを履いたランナーが1割。

あ、それと女性陣、一位は一般的なシューズを履いていた方でしたが、タイムは50分。
自分と1分も差がなかったです。速い! その方から少し離れて裸足ランナーでしたね。
惜しい! 

10kmの部の後は続々と皆帰ってしまい、ハーフマラソンと駅伝は少し寂しい感じに
なってしまいました。しかもこのコースがまたきついんです。ハーフ・駅伝のコースは路面もかなり粗く、裸足で走ったのは自分1人でした。ハーフマラソンはチーランニングの日本の第一人者の方がルナサンダルで走っていました。ハーフもビブラムやルナサンをかなり見かけましたね。 あのコースは皆ビブラムでも痛いって言っていました。
途中でリタイアした人も結構でましたね。ハーフマラソンはちょっと修行的な感じでしたね。 本当にお疲れ様でした。 

というわけでレースとしては本当に大成功でした。今までやって来たなかで一番
盛り上がりました。 次はいつですかという質問が本当に多く、速く来年また開催したいですね。

奥武蔵ベースの方々、ボランティアの方々、本当にありがとうございました。
アルトラ・ルナサン、そしてビブラムファイブフィンガーズの代理店の方々も
協賛ありがとうございました。 また次回も是非よろしくお願いします!

==================
さあ、今から出張です。今は岐阜に向う新幹線の中です。
今日は岐阜、水曜日は名古屋でビブラムイベント、もくよ

それではランキング参加していますので、下のアイコンをポチッとお願いします。 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply