• facebook
  • twitter
  • rss

裸足ランをやると歩幅が小さくなる?

裸足で走ると歩幅が小さくなりますよね? と確認されるようによく聞かれます。確かにシューズで、膝を伸ばして足を体の前に大きく持って来るわけではなく、接地が体の下に入って来る様な感じなので歩幅が小さくなる感じがあるとは思います。また、今までクッション性の高いシューズで走っていた人にとっては衝撃はやっぱり怖い。ただからその衝撃を最小限に留めようと歩幅が小さくなるんだと思います。また、体のバネが上手く使えないため地面に押し出してもらうという感覚が身に付いていないため、これもまた歩幅が狭くなる原因の一つだと思います。なので確かに殆どの人はこういった理由で一旦歩幅は狭くはなると思いますが、裸足だから歩幅が狭くなるわけではないという事は知っておいて欲しいなぁと思います。体の機能がしっかりしてきて、体の使い方も出来てくれば自然と歩幅も広がってくると思います。ケニア人も人にもよりますが、かなりバネがあり、歩幅はかなり広いです。

なので裸足で走ると歩幅が狭まるか? 答えは、一旦はそうなるが、体の使い方や機能が改善してくれば自然とまた広がってくる。本当に出来てくればシューズを履いていた時よりも広くなる。(あくまで一般論で全員が全員こうなるわけではないですが)

これって基本的な裸足ランの概念と同じなのがわかりますか? 裸足になると振り幅が大きくなる。 凄く良くもなりうるし、凄く悪くもなりうる。その人次第! シューズを履いている人達はこの中間を行く様な感じです。少しづつ改善していってくれればいいななぁと思います。体の機能がしっかりしていなく、また使い方も上手く出来ていないのにいきなり歩幅を広げたりスピードを出したりすると色んな問題が起こるんだと思います。

なので、ようは歩幅は勝手に体が調整してくれているのであまり気にしなくてもいいような気がします。ある程度何の問題もなく走れる様になったら少しづつ色々と改善していけばいいのかなぁと思います。因みに、自分は走りが小さくなっているって思った時は股関節を開く様なイメージを作っています。

では今日もブログの応援宜しくお願いします!したのマラソンアイコンをぽちっとワンクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply