• facebook
  • twitter
  • rss

危ない! その考えが人を駄目にする

裸足で走るメリットをどれだけ伝えても、ガラス落ちているじゃん!と一言で片付けられる事が本当に多いんです。まあ、それが嫌だったらベアフット系シューズを履いたらどうですか?と模範的な解答をしています。でも本音は。。。

日本の公道でガラスが落ちているのって殆どみた事がありません。事故などあってもすぐに片付けられます。そして瓶などを含めゴミを外に捨てない。そんなマナーの高さは世界でもトップクラスなのではないでしょうか? なのでそもそもガラスが落ちている確率は低いんです。勿論、万が一っていう事もあります。

この万が一っていう考えも裸足ランから人を遠ざけている原因の一つかもしれません。万が一っていうリスクを全部0にする事が出来ない事ぐらい分からないんでしょうか。だから自分は裸足ランの良さを伝えているんです。デメリットとメリットをちゃんと比較して選択出来る様にするために。こういった事が理解出来てくれば色んな事に応用出来るように少しづつなってくると思います。例えば予防接種とか。(←これは医療の世界の事なので今回は意見は控えておきますが)そしてこういった事を理解した上で、必要に応じて自分も裸足系シューズを履いたりしています。

本題はここから。今回中国出張をしている時に、子供達にサバイバル教室的な事を教えている人がいました。その時に言っていたのが、わざとガラス瓶などを割ってまき散らし、その上を裸足で歩く練習をすると。足の裏には色んな事を察知するセンサーがあり、尖って危ない物が足の裏で感知すると、そっと包み込む様にして足が動き、切らずにすむというのです。そういう察知能力を高めるための練習として。ただ、最近では保護者の同意が得られず出来なくなってしまったとは言っていました。

もうこれ以上バカな質問は本当にされたくないのですが、ガラスの上を踏まないに越した事はありません。でももし踏んでしまった時にどう足裏を使うのかというのを覚えておけば、傷を最小限に留める事が出来ると思います。

ロシア武術のシステマのトレーニングでも、ナイフを刺す練習があるというのを聞きました。刺された時にどう対応するかで切れるのを最小限に留めるという。いわゆる上手く力を抜く方法を身につける。恐怖心で体が固まると傷は必要以上に大きくなると。

勿論こういう事をやる時こそ、まさに先生の所で一緒に学ぶのが一番いいと思いますが。 動きを身につけるという意味では環境をあえて悪くし、その中で体をどう対応させるかというのを少しづつ練習していく。という考えがあるというのをせめて知っておいて欲しい。

と言うだけ言って自分はここまでやっていません。どこまでやるかはその人次第ですが、ある程度の事はやっておかないと、いざ起きた時に本当に大きな事に繋がってしまいます。今はそもそも何もしない。そんな時代になってきているんだなぁと。だから自分がやるのは砂利道の痛い所をちょっと歩いたり走ったりしながらどうやったら痛みを最小限に出来るかを調整したりします。呼吸もとても大事だったりするのでそういった事も調整しながら。

最近小学校など子供達と関わる事が増え、現在の子供達を取り巻く環境が著しく変化しているの感じています。鉛筆をナイフで削るのも危ない。竹馬も危ない。ジャングルジムも高いのは危ない。もう危ないのオンパレード。 大丈夫か、この子供達が大きくなった時に。。。

◯◯は危ない! ではなく、それぞれの事柄を体で習得させていくだけ。大人になるにつれそのスキルが上がってくる。でもその根本からもう抜けてしまっている。自分もその1人だが。

この前のトレイルランニング問題でも少し触れましたが、自然の中ではいつ何が起きるか分からないという今の現代人の考え方からはちょっと離れた環境になってしまう。何でも危ないという考えになっているから問題になってくるんだと思います。万が一に備えての物があまりにも多い。確かにそういう方向に進むといくらでも物が必要になってくる。でも本当に必要なのは自分の身体。野生の動物は一切何も持たずに山を駆け回っていますよね? あそこまでになれとはいいませんが、ある程度の感覚は身につけていて欲しい。自然の中を走る景色の良さ、空気の良さとか奇麗な部分だけではなくちゃんと臨機応変に対応出来る能力を身につけて欲しい。そうすれば今のトレラン問題は一気に解決出来ると思います。ただし、こういった事を伝えられる人は本当に今の時代は限られていますし、需要も無い。こういう意味では自分は超現代人なのはよく分かっています。なのでそんな能力はかなり低い。でもそういう能力が相当低いという事をまずは認識してもらいたい。

こういった意味でもマナーやルールというのはせめて自然の中では最小限にしてもらいたいと改めて思います。 と毎回世の中の反感を買う様なブログになって来ていますが。。。

こんな一見尖ったブログですが、応援宜しくお願いします。こういう事が大事だって思ってもらえる人が増えるために。 下のマラソンアイコンをポチッとワンクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

4 Comments

  1. 目からうろこ · 2014年5月5日 Reply

    ゴールデンウイークも残りわずかですね!

    裸足と道路のガラス問題、思わず笑ってしまいました。
    私も裸足ランの話をするたびに「、ガラスで足切らない?」と10中8,9言われます。

    で、今の日本で道路にガラスが落ちてる確率なんてほとんどゼロに近いのでなぜみんな「道路にガラス」とつながっていくのでしょうか?

    なぜ、日本中が「あぶない、あぶない」と大騒ぎするのでしょうか?

    昔、ちょっとしたたんこぶなど作ったときなど、母さんが「ああ、そっからおおきくなるから」
    と一言いえば何だかホントに大きくなるような気がして泣き止んだものです。

    また、冷蔵庫なんかない時代、母さんがにおいをかいで「大丈夫}とのたまえば多少腐ったものでも平気で食べたものでした。

    今の日本人ホントに弱くなっています。
    精神的にも肉体的にも。

    話は飛びますが、大体世界でもトップクラスに豊かな国の20代の若者が、「年金が心配で」なんて40年も先のことを真顔で心配しなくてもいいと思うんですがね。

    吉野さんのブログ読んでホントに激しく同感しました。

    • Yoshi · 2014年5月5日 Reply

      めからうろこさん
      久しぶりの投稿ですね!! 冷蔵庫の無い時代を生きられていたんですね! 確かに昔は冷蔵庫もなく、消費期限やら賞味期限もここまで敏感ではなかったですよね。そもそも、この日から絶対オッケーで、この日から絶対駄目なんて事はないですからね。嗅覚を使って判断してたわけですが、その嗅覚も今の人は大分駄目になっていますよね。まあ自分もですが。。。汗)

      あー、なんとかせねばと思いますが。。。 99%の人は、へぇー。っていうぐらいの反応で終わりますからね。1%でも皆が集まれば日本でも100万人は超えるんですけどね。理解のある人、意識の高い人達を集めて広めて行かねばです。宜しくお願いします。

  2. やま · 2014年5月9日 Reply

    ブログ最高です!!

    裸足で走り始めて気が付いたこと、それは、人間は動物だということ。

    でも、アスファルト道より土道のほうが走っていて楽しい。。

    みんなが裸足の良さに気が付いたら、もっと土の場所が増えるのかな??

    • Yoshi · 2014年5月9日 Reply

      有難うございます! 反感も結構買っちゃいますからね。。。 いずれにせよ、そうやって裸足で走りやすいところが増えるといいですね!

Leave a reply