• facebook
  • twitter
  • rss
バンコク裸足ランイベントが凄いことに!

バンコク裸足ランイベントが凄いことに!

2月1日にバンコクでいつもの裸足ラン初心者講習会を行ってきました。去年1月、6月と半年に一回のペースで始め、これで3回目。本当に順調に広がりを見せているバンコクの裸足ランニング。今回も物凄い参加申し込みが来ていたのですがデモの関係でキャンセルも多く出ていたし、いつもならランナーでごった返すルンピニ公園もここ最近は普段の1-2割ぐらいの人しか走っていない状況。そして中国の旧正月と被ってもいたので、一体本当に何人来るのか全く想像がつかなかったのですが、蓋をあけてみたら、トップ画像の通り、集合写真で自分がどこにいるか分からないぐらいの参加者になっていました。実際に数えたわけではないので正確な人数は分かりませんが、こういった講習会では日本も含めブッチギリの最高人数を記録していると思います。

日本からビブラムガールズのメンバーも参加していて、ガールズだけの画像を取っていましたが、女性だけで50名超えていました。年齢層もかなり幅広く色んな人が参加していました。実はランニング長距離のナショナルチームのコーチも参加していたみたいです。そして新聞社や雑誌社も自ら情報を聞きつけ取材に来てくれました。本当にバンコクの裸足ランニングの勢いは止まらない感じです。タイは裸足ランを広めるためのあらゆる条件が整っているんだと思います。情報さえあれば、自然と広がるし、周りの目を気にする感じもなく、いいことは素直に取り入れる。ダメならまた次を考える。本当にシンプルに考えてくれている感じです。それからとにかく熱い!講義の時とかの熱心さも本当に凄いです。講習会終わった後もずっと写真の列が途切れません。講義中も画像や動画をずっとパシャパシャとられていたり、メモをしていたり。ただ、あまりにも人数が多すぎてドリルをやる時に1個1個にしっかりと時間がさけなかったので、もっともっとやりたかったのに、的なコメントは上がっていたみたいです。要改善ですね!

こうやって上手くイベントが進む陰で色んな人が支えてくれているんです。これを企画、運営してくれているBonita CafeのKさんはこれのために相当色々と動いてもらっていたり、スポーツ心理学のタイの第一人者の方に通訳してもらったり、バンコク裸足ランニングクラブのメンバーはゼッケンや、足型のフェルトを切って参加者にあげてくれたり、飲み物や食べ物を参加者のために準備してくれていたり。本当に色んな人達がこの活動を支えてくれています。そしてこんな自分を毎回本当に大歓迎してくれます。

そして、今週は水曜日と木曜日にかなりの有識者たちをタイ全土から集めての講演会が行われることになっています。専門家の方相手になるので、ちょっとドキドキです。質問も専門的な事を突っ込まれると思います。とにかく気持ちが伝わるように頑張ってきます。

そうそう、土曜日のイベントが終わり、日本から来てくれていたベアフットツアーの一行とその日の夜にプーケット入りし、昨日今日とピピ島に行ってきました。とにかく楽しいメンバーなので笑いが途切れない感じ。あまりにも盛り上がりすぎて、自分はちょっと疲労気味!w さっきプーケットに戻ってきて、自分はホテルで仕事&ブログ書き、皆には買い物に出かけてもらいました。w

今はバケーション気分ですが、再び明後日からは気持ちを切り替えて頑張ってきます。そうだ、週末にはNorthface 100kmレースです。ほどんど走っていません。今日は流石に皆に走りたいって言われ、ビーチを走ってきます!100kmは今更ジタバタしても仕方ないので運に任せます!

毎日更新出来ていないのですが、引き続き応援宜しくお願いします。マラソンアイコンぽちっとクリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply