• facebook
  • twitter
  • rss

【裸足ラン着地法】野球のボールキャッチの感覚を思い出して!

先日大阪出張の時に、youtubeインタビューを受けてきたのですが、その時にふと思いつきました。そう野球のボールをキャッチする感覚。この感覚と裸足で走っている時の着地の感覚がかなり近いんじゃないかって。野球やっていた方の中には練習中にやらされた事があると思いますが(おそらくレベルの高いチームでは特に)、ボールをキャッチする感覚を身に着けるために、敢えて素手でキャッチする練習ってさせられませんでした?

あの硬いボールをキャッチするときに(勿論最初は遅いスピードで練習したと思いますが)、キャッチしながら手を引くような感覚。勿論、手首、肘、方なども柔らかく連動してくると思うのですが。ボールをつかみながら引く!しかもパッと引く! そうやってボールをしっかりキャッチする感覚を身に着けた上でグローブをつけて練習する。おそらくこれがちゃんと引けないとボールが弾かれて、ポトンと落としてしまうんじゃないでしょうか?

実は自分は少年野球やっていたのですが、素手でやる練習は実はやっていません。そしてその引くっていう感覚も分からずやっていたと思います。因みにチームメイト10人いて補欠。わかります?そう一番下手って事。汗)よくボールもキャッチしても落としていました。。。

なので、実は素手でボールをキャッチするっていう感覚は自分は知らないのですが、勝手な想像で、そうかなって思ったので書いてみました。 野球やっている皆さんどうなんでしょうね?

でも、もしこのキャッチする感覚があっているとすれば、この感覚を足裏でやれば着地の衝撃も上手くやわらげられると思います。着地しながらパッと足を引くんです。このタイミングは教えてもらうのではなく、自分の感覚で調整しながら身に着けていく。いきなり出来ないのは当たり前。これもれっきとした技術ですからね。着地の技術。 子供ながらに身に着けていればすぐに思い出せますが、やっていなければ学びなおせばいいんです。

なので、繰り返しますが、ボールをしっかりとキャッチする感覚やタイミングを身に着けるためには”素手”で練習もする。 その感覚が身に着いた上でグローブをはめる。因みに誰もが尊敬するイチロー選手のグローブの特徴は、軽い、広がる、柔らかい、薄い。そう素手に近い状態。シロートには使いこなせないと書かれています。 裸足も今の世の中にはこんな感じなんでしょうね。ビブラムのような軽くて広がって、柔らかくて、薄いのはシロートには使いこなせない。はたして本当に使いこなせないんでしょうか?

なんか、この悪循環はどの業界も同じなのかなぁと思ってしまいました。だからこそ、裸足、野球でいうなら素手での練習を入れる。その感覚を身に着けた上で、試合などはその人のその時点の技術に応じたものを身につければいいんじゃないでしょうか? 考える力身につけましょう!

因みにこれを話した時の動画がここに上げられています。芸人さん?元芸人さん?からのインタビューなので台本も何も無かったのですがかなり話がスムーズでした。

ではブログランキング参加しているので下のマラソンアイコンをポチッと押して応援お願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

 

 

 

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

Leave a reply