• facebook
  • twitter
  • rss

有森裕子さんとの会話から見えてくる裸足ランの行方

今日は静岡県島田市で裸足ラン講習会をやってきました。中々興味を持ってもらえない裸足ランニング。。。 継続あるのみですね。

さて、昨日チラッとふれた有森さんとの会話の話。一体どういったものだったのか。有森さんといえば、女子陸上で唯一2大会連続でメダルを獲得している伝説のランナー。自分はテニスに熱中していたので当時は陸上のことは全く知らなかったけど、そんな自分でも、最後の銅メダルで初めて自分を褒めてあげたいって言っていたのを鮮明に覚えています。あ、あと松野明美さんとの問題も。色々ありましたね。

そんな有森さんと一度だけ話す機会があったんです。で、そもそも何で裸足で走ろうと思ったのか?なぜ裸足で走り続けるのか? と色々質問され、答えました。基本物怖じしないタイプなのですが、有森さんって不思議なオーラを持っているというか、なんかすごく強いものをもっているというか。流石に自分も硬くなってましたね。で、今の人の走りがこうなってしまっていて、ちゃんと裸足で走ればこんな風に走れて。っていう走りのイメージを伝えたら、速攻で彼女は”あなたの言っていることよくわかる!私はケニア人の走りを間近で見てきたし、そういう走りができるのであれば理想かもしれない。彼らは全く違う走りをしていますからね。あなたのやろうとしていることはとてもいいことだと思います。でも。。。 ” 

“でもね、あなたの言っている走りと今の人達の走りにはあまりにもギャップがありすぎて、そこを埋めるのは相当大変だと思う。 歩くのだったらそこまではギャップがないからいいかもね。 でも走るのは正直難しいと思います。だって今までそうやってみんな走ってきてるんだから。そんな簡単に変えれるもんじゃないと思うんですよね。少なくとも今1秒でも速くなりたいっていう選手には無理ですよね。あっ、子供は絶対いいと思いますよ!”

そして、現在のシューズの機能が行き過ぎていてっていう話をした瞬間に顔が変わり

“シューズとかの否定は絶対だめ。例えそれが事実だったとしても。今は今としてその現状が普通として受け入れ、それにどうプラスしていくかって考えなきゃ。” 

そうなんです、彼女は本当にビジネスセンスにも優れていて、頭が凄くキレル人。だからどうすれば成功するか。っていうのを良く理解しているからこそ初めて会った自分にもこうやって丁寧にアドバイスをしてくれたんだと思います。 だからこうやって話せた事は自分にとっては凄い貴重な体験になっています。 

ただ、クッションとかの機能で人の足が退化してしまってきているのは事実の話で、ここに触れずに、今までは何も問題なくて、さらにこうすればプラスになるっていうやり方は自分はしたくないんです。ちゃんと現状を知り、受け入れた上で前に進む。何でもかんでも物を進化させ、必要でないものを(一部の人にはインソール同様必要な場合もありますが)必要にさせられてしまっている。こういったことを根本から改善していきたい。自分のモチベーションはここだから。今の人達にはこのやり方じゃ受け入れられないし、一人でも多くの人に知ってもらいたいっていう思いもあるので矛盾も自分の中で感じています。有森さんの言うとおりやったらもう少しうまくできるような気もしています。でもやっぱりちゃんと広めていきたい。こういった事が若い人達には通じなくなってきてしまっているのも事実。でもまだ今なら半数以上の人はちゃんと説明すれば理解はしてくれる。手遅れになる前に。自分たちが今これを変えられる最後の世代だという危機感で頑張っています。世の中を変えられるなんて思っていません。でもせめて身近な人には伝え続けていきたい。

というわけで、ちょっとここ最近は熱くなりすぎているので、明日からはもう少し軽いノリで書かなきゃ。ドン引きされますね。 あ、ブログランキング1位に届きそうなところまでやってきました。是非1位に押し上げてください! よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

全てのランナーに裸足ランニングをトレーニングの一部としてでも取り入れてもらい、効率良く怪我をしない走りを身につけてもらいたい。ただそれだけです。

4 Comments

  1. NAMI · 2013年11月16日 Reply

    NAMIの方でございます。(笑)
    前にちょっと触れましたが、ランニングシューズの販売もしています。
    ランニングシューズもデザイン性を良くしていこうという風にもなり、裸足というのは、ますます厳しくなっているようにも感じます。
    若い人には、守るシューズは当たり前で、どれがデザインとして好みかになってきているのかなとさえ思います。
    そして親御さん達が、自分の子供が扁平足だからと言って、それを対策するものを求めに来られる方も多いように感じます。
    当たり前なら、他の事には目を向けないような、今の世の中になってきていると思いますし、特に日本人は当たり前以外を嫌う人も多い気がします。
    確かに、しかっりとなにが良くなくて、なにが良いのかを伝えていくのが必要なのかもしれないですね。
    偉そうにすみません。

    • Yoshi · 2013年11月18日 Reply

      有り難うございます。基本は見た目ですからね。だからビブラムとかでもいいのは分かるけど、恥ずかしいとかってなるんですよね。見た目の優先度合いがあまりにも高すぎるのに驚きます。日本人ならではの入り方があるんだと思います。そこを今の人たちに合わせるのか、興味持ってくれる人に少しづつ広げていくかは、それぞれ広げる人のスタンスでいいのかなって思いますが、日本は広げようとしている人が圧倒的に少ないのが残念ですね。

  2. ちんきー · 2013年11月17日 Reply

    多分有森さんは「シューズはNG」と言ったら巨大企業が全力で潰しに掛かかってくると判っていたんでしょうね。
    シューズ市場と言う利権を守るためなら色々な手を使って例えば「裸足ランは怪我し易く危険」とか「科学的におかしい」とか捏造したネタをその影響力で世の中に流布し「裸足ラン」の目を潰してくると容易に想像できます。
    上手く立ち回れとは言いませんが「企業の汚さ」も頭に入れて頑張ってください。
    (判ってらっしゃるとは思いますが・・・心配で)

    • Yoshi · 2013年11月18日 Reply

      ちんきーさん
      有森さんはスポンサーもされているだろうし、今までも相当色んな事を1人のプロとして経験しているからこそのアドバイスだったんだと思います。心配してくれたというか。でも不思議なのは皆どの業界もそういう事が起こっているっていうのが分かっていながらも、結局それがまかり通ってしまうのが不思議だなぁって思っています。裸足はそこまで取り入れる人もいなかったので殆どそういった影響はないんですけどねぇ。本当に影響力が出て来たら気をつけるようにって裏の事情に詳しい人に言われましたが。でも、今のお前は全然大丈夫!って太鼓判押されました。w 喜ぶ所でしょうか?

Leave a reply